YKホームの作る家は2×4/耐火に力を入れた家作り 2×4工法は、耐火性・耐震性・気密性・断熱性そして何より費用面で優れた住宅です。

強くやさしいこれからの住まい。2×4工法のメリット。

耐震性

2×4工法の住まいは、面と面で家全体を支える枠組工法。地震・台風などの外圧を壁全体で分散し、在来工法に比べ約2.5倍という高い構造耐力を発揮します。

耐震性

耐火性

壁や天井などを覆う石膏ボードは、全体積の約20%が結晶水で形成されています。結晶水は火に触れると水蒸気を発生し、建物本体へ着火しにくい効果をもっています。

耐火性

機密性

壁構造ならではの高い機密性を持つ2×4工法の住まい。この機密性が、プライバシーを守る遮音性や、発火時の火の回りを大幅に遅らせる延焼防止効果を発揮します。

機密性

断熱性

熱損失を大幅に抑える断熱材の使用と、2×4工法による建物自体の気密構造が優れた断熱性を発揮します。そのため、効率の良い省エネルギー効果も得られます。

断熱性

防火地域で叶える木造耐火住宅

ご存知ですか?木は鉄より火に強い。
木は火にあぶられても表面が炭火層となって火の進行を抑えます。

1時間外壁耐火構造

1時間外壁耐火構造

(社)日本ツーバイフォー建築協会は、平成16年4月、国土交通大臣から2×4工法の各構造部位について「耐火構造認定」を取得しました。 これにより、防火地域での2×4住宅(100㎡超)や共同住宅、さらには商業施設、ホテル等の建築が可能になりました。今までRC(鉄筋コンクリート)や鉄骨でしか建てられなかった地域の皆さん、ぜひ2×4住宅をご検討ください。

間仕切壁の一時間耐火構造試験
試験炉内、加熱中

試験炉内、加熱中

1時間加熱後、3時間放置

1時間加熱後、3時間放置

3時間後放置後に解体、たて枠に一切こげめ無し

3時間後放置後に解体、たて枠に一切こげめ無し